読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでの道しるべ

笑って死ねるように。。。

あるクズ男の片思い物語

今週のお題「恋バナ」

こんにちわ!ダイケルです、はてなさんからお題があったので私の恋バナを少し話していく! こいつの恋バナなんて興味ねえよw

あるクズ男の片思い物語

私が、中学3年の頃、初めて恋に落ちた女性がいる

ハーフ顔で静かで真面目な天然キャラの女の子。ここでは、「」と呼ばせてもらいます

ダイケルって意外とはっちゃけてる部類の人間なんですよ でも、その子は逆、ジミーズというやつ

そんなAをなぜ好きになったのかわからないが、まず見た目がタイプだった

そして、声をかけまくり、ついにラインをゲットした。(俺氏歓喜w)

ちゃくちゃくと話しているとやっぱり性格が真逆で発言が全く逆、でも、自分に持っていないものをすべて持っているように感じた

自分が持っていないものを相手が持っているととても魅力的に感じますよね?

過去に告白したことがなかったダイケルは、びびってなにもアタックしなかった

しかし、高校1年のいつだったか忘れたが、高校1年のときに告白してきっぱり踏ん切りをつけようと決心し、ついに告白した。

Aからでた答えは、「NO」だった

泣いて、泣いて、泣き叫んだ

踏ん切りをつけると決心したが、いつまでたっても心の片隅にAがいる

そんなときに1人の年下の女の子から告白された

好きじゃなかったので、迷ったが、この恋で「A」を忘れようと考え、okした←クズww

2か月くらい付き合ったが、あはりAが忘れられなかったので、別れを告げた←またもクズww

それから、何人かの女性と、付き合っては別れを繰り返した←もはやゴミ。

ちょうどこの時期ww

 

abc.daikel63530.info

 

そして、高校2年の時に再び「A」に告白した

またも答えは、「NO」←頑張れ自分!!

だが、なぜかわからないがあまりショックを受けなかった  いまだに謎

それから、ずっと「A」が好きだ。今現在も。

時々、ほかの女の子が上回るがすぐAが追い越す 片思いあるあるなんじゃないかなw

そのときは、その女の子と恋愛するようにしている 遊びじゃないからいいよね?wそのときが大事!これ大事!!

ふと、思うことがあるAを忘れることができなければ結婚できないんじゃないかって

まぁ、いっか!頑張ってAを口説こうww

応援よろしく!

おわりに

片思いをしている男性諸君、片思いって辛いよな

でもな、そこまで人に熱中できることって素晴らしことだと思うぜ

諦めたら最後、一生後悔することになると思うから頑張ってほしい←おまえも頑張れよ

応援してるぜ!おれにもしてくれww←最後までクズw