読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人

やりたいことをやったまで。

はるやま、残業しなければ手当が出る件について。

今日、なにげなくTwitterを見ていたら、この画像が、、、、なんじゃこりゃぁああ!

f:id:daikel:20170114230441j:plain

これを見てまず、すごっ!やばっ!おもしろっ!と思った

今の世の中、ブラック企業ばかりだと思う、そんな中でノー残業手当という政策をしたのはやはり、労働環境を変える第一歩なのは間違いない。

そんな革命的な政策をしたのが、みんなご存じ、スーツの「はつやま」です。

「はるやま」の歴史。

1974年に岡山で創業し、西日本エリアに事業基盤を早々に築き上げ、東京・大阪など大都市圏への進出を進める中、全国化を着実に推進し、郊外型スーツ専門店「はるやま」を筆頭に、1995年に200店超、2004年に300店超、そして2016年3月期には子会社を含めて500店超を有する、スーツ業界屈指の衣料品チェーン店となっております。

だそうです

42年で知らない人の方が少ないであろう程の大企業、、、、半端ない

代表取締役執行役員 治山 正史さんの挨拶

長くなるのでまとめると、

・創業理念である「より良いものをより安く」を実践し続け、価値のある商品開発、効果的な新規出店、顧客満足度の徹底を通して、既存事業を安定させ、経営理念たる「お客様第一主義」を実践していくこと

・IT化やM&Aを通じた新たな事業開発をすすめ、スーツ事業にとどまらない拡大成長路線を目指し、「インフラ事業」になることを目標にしていること

うーん、代表取締役執行役員にお客様第一主義って言われても、治山さんはお客様と関わってないのだから説得力はない(あくまで私の意見ですw)

店長だったら説得力あるけど、お客さんに関わってない人に言われてもなぁー

ノー残業手当について。

上の画像を見てもらったらわかるとおり、残業した人より、残業しなかった人のほうが手当の額が高いw

これはもう残業するわけにはいかないであろう

残業をなくすのが目的と言っているが、それだけではないと思う

新卒の就職するひとたちは残業がある、ないについてはとても興味があるのが現状

求人票を見てもどの会社残業について詳しく書いているところはない、採用されてブラックな会社がほとんどだと思う

そんな中でニュースなどで大々的にノー残業宣言しているのだから、間違いなく就職希望者も増える

そうなれば、他会社も傘下に入りたがるのではないだろうか

だとすると、代表取締役執行役員の挨拶にもあったM&Aの件も成功につながる

私の頭ではここまでしか推測できないのですが、治山さんはこれよりもはるかに大きなことを考えていると思う

「残業をなくしたい」だけの理由で残業をなくすことは治山さんは絶対にしないと思う

でないとここまで大きな会社にならなかったはずだ

今後の株式会社はるやまの動きが気になるところですね

 

おしまいっ。