友達関係で疲れる原因。

友達関係を保つには思いやり、優しさなどが必要になってくる。いくら仲のいい友達であってもちょっとしたことで友達関係は簡単に崩れるものである。

大抵の人は思いやり、優しさなどで友達関係を保っているが、それが疲れにつながっている。気を遣いすぎる友達だとストレスがたまりストレスに気づけば自分が思い込み、もっとストレスを感じてしまう。

ストレスのたまる友達には仲良くなりすぎず、距離を取って接することが大事なのだ。

友達関係に疲れやすい人。

主に優しすぎる人が疲れやすくなってしまう。優しいのはいいことだが優しすぎるのがかえって自分に疲れを感じてしまう。人に厳しくするのも時には必要だということです。優しくしすぎると人間という動物はもっと優しくしてほしいと思うと思うものです。夏になると冬がいい、冬になると夏がいいというのと同じような考え方です。つまり、しっかりと場面を考えて優しさ、厳しさを使い分けていくことが疲れにくい人になる方法ですね。また、自分の思っていることを口に出して言えない人も疲れやすい人が多い傾向がある。いわゆるため込むタイプの人間だ。とにかく思っていることは口に出そう。

この点を踏まえて意識を変えて友達と接することがより良い関係を築く近道ですね。